受けようとしている方のデータがあるか調査に移ります

キャッシングサービスをご利用するには、利用する企業の審査に申込み、そのサービスの審査に通過することが前提条件です。http://www.iamei.com

それでは、そういった審査の中では、使用者のどの箇所が判断されるのか。

お金の貸出しをする会社は審査の手続きを申し受けると、まず弊社の登録情報に申込み登録者がもう登録されているかどうなのか、ってことを調べます。

そして、信用情報機関などに確認して、キャッシングサービスを受けようとしている方のデータがあるか調査に移ります。

続いて、申込者の歳や以前の使用経験といったような、個人情報の要素などからもみていくのです。

そこから、融資を利用させるかいくらくらいのお金の貸出しを認めるか等を審査します。

審査基準をクリアすることで、カードが渡され、キャッシングを使用することができるようになるのです。

お金の借入れの申し入れには、手続き者のプライベートといえるもの全部晒け出すつもりで望むことが必要です。

自分のことは言うまでもないですが家族構成や、職や勤務場所や、住宅の環境なども審査の項目に書く必要があります。

金融会社の審査基準では、そのような判定する項目のことを属性と言って、その中でも、特別に重要視される属性が存在し、その項目に問題が出てしまった場合は、審査を通る可能性は低くなってしまいます。

重要とされる属性というのは、その人がどんな人なのかということを審査することができて、なおかつ立証がとれるものについては重要とされる傾向があります。

その中でも、月収水準がわかる属性も重要とされるようです。

月収は重要とされると思われるかもしれませんが、実は月収は自分で申告することができるもののため、年の収入自体の裏付けができない限りは重視されるものではないのです。

嘘の金額の報告もできる項目の為、確証のあるものよりは重要視されることはないとされています。

また、職種の面では、特に「離職率が少ない」職種であれば、通りずらい審査にも関わらず有利となります。

警察官などの公務員がその最たる例で、加えて次ぐものでは安定率の高いサラリーマンなどとされます。

審査に不利となってしまう職業は「離職率が高い職種」とされています。

サービス業や、日雇い、自営業者、漫画家なども、安定している職業と見られず、審査そのもの自体が通過しにくくなるはずです。

その他、住居では、持ち家であるかどうなのかは当然重要とされるはずだが、それと同時に、住んでる年数も非常に重要とすることは豪華な所を持っているというよりは、どういった家であろうとも長年住んでいるほうが審査自体ではプラスポイントになります。

ずっと住んでいると、信用を持てると判断されるのです。

Link

Copyright © 1996 www.barrigroc.com All Rights Reserved.