数値で表したものが「過失割合」(過失割合)となります

自動車での事故はあなただけの事故と他者が巻き添えになった交通事故があります。

自分だけで起こした事故の場合は自身だけで事故の処理をすることで終了となりますが、他者が関わった車の事故はどちらにどれだけの誤りが存在するのかを確認してこれによりマイカーの修復のお金が和解金かいくらのかなどが決められるので、保険会社の担当の人にも参加してもらい話し合いが欠かせません。

大多数の自動車での事故のケースで互いに多少なりとも責任がある場合が多数で片方の手落ちを問うというケースは多くないようです。

もちろん赤信号で進んでしまった、一時停止しなかったなどの交通違反によって起きた事故はかなりの責任がありますが、被害者側にも注意不足があったと言われます。

自動車での事故のケースではどのドライバーの過失が原因で発生したのかということがとても焦点になりますので、この結果を数値で表したものが「過失割合」(過失割合)となります。

一例として、上記の信号が赤でも進んでしまったり一時停止しなかった場合なら、法上事故を起こした側に10割ミスがあるように思えますが、この状況で事故を起こした自動車が正面から来ており見て確認された状況であれば自動車の事故の被害者でも注意が足りないと10%程度のミスが認定される可能性もあります。

よってこの条件では事故を起こした人が9割、自分1割の過失割合と結論付けされ数値が大きいとそれに応じた間違いが問われる事になります。

自動車事故の過失割合は昔の事故判例を参考にして結論付けられる時が大部分で日弁連交通事故相談センターから明示されている認定基準表が目安として使われます。

この過失の割り当てが大きければ大きいほど過失言い換えると損害賠償額も大きくなるので、事故後の交渉は本人達だけでなく車の保険屋さんの担当に参加してもらってきちんと話すことが必要不可欠です。

Link

Copyright © 1996 www.barrigroc.com All Rights Reserved.