のか予想できないな」と考えた時は

実際にPCの画面の前に座り、休むことなく上下しているレートを目を向けていると、どことなく売り買いをしなければいけないという感情に駆られる場面も多かったりします。詳しくはこのページで

だが、なんとなく衝動でエントリーするのは、避ける必要があります。デリケートゾーン 黒ずみ

分かっていると思いますが、相場は四六時中、休みなくどこかの国の為替相場が動いているし、相場も常に動いています。メールレディ 高額

そうであっても、売り買いを積み重ねると、その回数分だけ損をする可能性が増します。もっとすっきり生酵素 口コミ

無論、取引の回数を積む事で、だんだんと勝利する確率が50%、50%になるのは周知の通りです。ロイヤルカナン 子猫 離乳食

しかしそれは「はっきりしない勘で売買」とは別の話です。人妻と割り切り!実践攻略【dazhaxie.biz】

注文回数を積み重ねる事の意味は「ここだ!」と考える感覚を持ったところでの注文回数を積むという事を言っています。もし旅行に行くならサンセットのホテルがいい!

ただ、トレードを繰り返すのとはかなり違います。アコムおまとめローン審査甘い?即日申込み!【口コミ評判は?】

為替相場の戦いに負けないためには、己で意識的にけじめをつけることこそが不可欠です。

「ここはいける」と思い至った相場の時には思い切ってポジションを多くして利益を狙います。

「難しい外国為替市場でどう上下するのか予想できないな」と考えた時は、観念して所持ポジションをすべてクローズして黙っています。

そのくらいのテンポでやった方が最終的に売買は勝てます。

マーケットの名言には「休むも相場」というものがある。

まったく言葉どおりだと思います。

為替取引とは、いつでも売買ポジションを所持する事が大切ではなく、どの売買ポジションも保持せず静観していることも相場です。

では、どの場面で、休むといいのでしょうか。

第1に考えられるのが、前述の通り、現在の為替相場がしっかりとよく見えない時。

現状から円高になるのか、それとも円安になるのかがわからないような時は何も考えず行動すると、自分で書いた台本とは反対の方向に外国為替市場が動いてしまい、損失を被ることになる。

だから、このような時はポジションを閉じそのまま見ているだけが最良の選択です。

もうひとつは、自身の体の調子が変なときです。

コンディションと市場に何の影響も与えないと考える人もいるだろうが。

現実には思いのほか関係あります。

体の状態が変な時は市場の決断しなければいけない局面で、必要な決定ができない。

気乗りがしない時はマーケットから離れる事も必要な事です。

Link

Copyright © 1996 www.barrigroc.com All Rights Reserved.