別の言い方をすると

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを売り買いして利ざやを生む取引です。

トレードの価格は1日中上下しています。

これが為替です。

テレビのニュースをみているとレートの話題が流れます。

例としてあげると、「本日のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表しています。

別の言い方をすると、FXには買いと売りの2つの価格が存在する事を示しています。

売値、買値ではなく、BID、ASKと示している取引業者もあったりします。

普通は売値のほうが買値よりも低く決められています。

投資家が買値は高く、売値は安くなります。

この差額をスプレッドといいFX取引会社の儲けとされています。

スプレッドの幅はFX業者によって違います。

スプレッドの幅は利用者にとってコストになるので小さいFX業者を選択するほうが優位です。

ただ、同じ取引会社でも場合によってスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。

日常的にはドル円のペアでたった1銭のスプレッドでも、為替相場の上下が大きい場合には1銭よりも大きくなる事があります。

そのため、スプレッドの広さが狭いのと同様に、変わらない事が大事です。

最近では動かないスプレッドの広さを見せる取引業者もたくさんあります。

実際にFX業者の取引画面の中で実際の為替相場を見なければわからないのでわずらわしいですが、大事な事です。

重要な財産を投入して取引をしますので現実のエントリーの前に、興味を持ったFX業者の取引口座開設をいくつもして提示されているスプレッドの差をチェックしましょう。

同じ通貨のペアでも、その時間帯の市場の状態によって、スプレッドの狭さは変わることがあります。

一般的には、インターバンク相場で取引量の多くて、流動性の高い通貨ペアではスプレッドの幅が小さくこの他の外貨ではスプレッド幅が広くなる事が多いです。

Link

Copyright © 1996 www.barrigroc.com All Rights Reserved.